ホンダ・クレアスクーピー(AF55)の外装(カウル)の割れを修復しました。

必要な物は以下です。

  1. 適当な太さの針金
  2. 半田ゴテ

まず、適当な太さの針金を短く切って、カウルの裏側から割れたところにのせます。

次に、熱した半田ゴテで針金を押し込み、カウルに埋め込みます。

こんな感じですね。

次に、表側からカウルの割れた部分を半田ゴテで溶かしながら割れを埋める感じでふさいでいきます。

少し凹んだ部分にパテをつけてサフェーサーを入れれば修復完了です。

今回のスクーピーの純正インナーカウルはベージュだったのですが、ホワイトに塗装しなおしました。

新品の外装もけっこう安価で売っていたりします。

【補修用】HONDA CREA SCOOPY(AF55)クレアスクーピー 外装8点セット(ピンク/ホワイト)

新品価格
¥17,280から
(2016/3/29 01:00時点)

【AF55】クレアスクーピー②の作業一覧ページはこちら。

整備完了の車両はこちら↓

クレアスクーピー(AF55)パーツの一覧はこちら

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル