ホンダのリード90(HF05)のキャブレターのオーバーホールをしました。

現在、不動であるリード90はなぜ動かないのか?

あげられる理由は3つあります。

  1. 圧縮
  2. 点火
  3. 混合気

圧縮と点火は問題ないことが確認済みなので、3番目である【混合気】に問題があると断定。

良い混合気が正常に送り込まれていないためエンジンがかからずにいます。

キャブレターを分解し、オーバーホール開始。

オーバーホールと言ったら大げさですが、分解洗浄ですね。

それと、エアスクリューの回転数は覚えておいて下さい。

おそらく全閉から1回転と半回転戻しくらいにあると思います。

長年の不動状態により、やはりキャブレター内のジェット類は見事につまっておりました。

ちなみに、キャブレターのジェット類は真鍮(しんちゅう)という柔らかい金属であり、
例えばメインジェットが100番の場合は、内径が1.00mmとなります。

86番は0.86mmということです。92番は0.92mm。

こう考えると、どれだけ精密部品がおわかりいただけるでしょうか?

したがって、メインジェット等を清掃する際に、穴がつまっているからといって、
金属製の細い棒などでガリガリ削ってしまうと、間違いなく内径が広がってしまい、
オーバーホールしたにも関わらず本調子ではなくなる、ということが多々あります。

内径が広がるとどうなるか?

例えば86番のメインジェットが入っていて、穴を広げてしまったという事は、
100番相当のメインジェットに交換してしまったということが、事実上おきてしまうわけです。

ですので、ジェットがつまっていたら、新品に交換しましょう。

新品でもひとつ400円くらいからで、1000円はしなかったはずです。

お近くのバイク屋さんに注文するか、amazonで検索して注文してしまいましょう。

キタコ(KITACO) メインジェット(TK丸型/大) #86 450-3090860

新品価格
¥627から
(2016/4/10 21:32時点)

※上記の写真は例です。

メインジェットの番手につきましては、ご自身でお調べになってから購入なさってください。

分解・清掃・組み付け後、エンジンは調子よく動き出しました!

 

【HONDA】ホンダ・リード90(HF05)作業一覧ページはこちら

整備完了の車両はこちら↓

リード90(HF05)パーツの一覧はこちら

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル