ホンダのリード90(HF05)のキャブレターを取り外します。

現在、不動状態であるリード90。

まずはキャブレターのオーバーホールからはじめることにしました。

作業しやすいように、サイドカウルなどは外します。

シートやメットインボックスも取り外しました。

縦置きのエンジン・・・旧式なんですね、最近では全く見なくなりました。

エアクリーナーを外したら、インテークマニホールドにとまっている2本の長い10mmボルトを外します。

キャブレターの左側からささっている長さの違う2本のボルトですね。

燃料ホースやオイルホース、オートチョーク配線にアクセルワイヤーがついているスロットルバルブを取り外します。

これからキャブレターを分解してジェット類の清掃をします!

 

【HONDA】ホンダ・リード90(HF05)作業一覧ページはこちら

整備完了の車両はこちら↓

リード90(HF05)パーツの一覧はこちら

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル