今回はセロー225のセルモーターが、ある日突然回らなくなってしまったので分解整備を行いました。

 

朝、普段どおり通勤で乗ろうと思いセルボタンを押したら・・・

『キュ・・・カチン、カチン・・・』

といった感じで、一度回るかなと思いきや回らなかったので、しょうがなくキックで始動し会社へ。

次の日はお休みだったので、朝から整備をしてみることにしました。

 

で、問題のセルモーターがこちら。

写真の中央から少し左側に見えるプラスのネジで、セルモーターは固定されています。

こちらのネジを外す際は、太いプラスドライバーを使わないと間違いなく緩められないので、
必ずご用意をされてから回してみてくださいね。

で、ネジを外すとこんな感じでポロっと簡単にとれます。

奥に見えるのがセルギアで、コードでつながっているのがプラスの電源になります。

で、早速分解をしてみたのですが、コイルなど、特に異常なさそう・・・

ブラシも点検してみましたが、こちらも異常なさそう・・・

はて?

原因がわからないので、サクッと組み付けてもう一度セルを回してみたら・・・

なんと一発でかかりました!

 

いやぁ~焦りました。

  • セルスイッチの接点不良か?
  • はたまたセルリレーの接点不良??

とか考えていたところだったんで。

 

おそらく、朝動かなかったのは11月でして、
ここのところ朝方寒かったものですから、バッテリーが弱っていたんだと思います(笑)

そう思い、バッテリーを新品に交換したところ、セルモーターが回らないという症状は一度も出ず・・・

初心忘れるべからずですねってボクがとんちんかんなだけでした(泣)

ですので、セルモーターが回らない場合は、セルが原因だと決め付ける前に、
いちどバッテリーの電圧を確認してみることをおすすめします。

バッテリー交換記事はこちら。

【交換方法】セロー225(1KH)のバッテリー交換のやり方とバッテリーサイズ

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル