今回は、セロー225のステッカーの剥がし方と、塗装の仕方をご紹介します。

セローに限らず、バイクのタンクにはほぼ応用できるはずなので読んでみてください。

これが純正の状態。

こちらのステッカーを剥がしていくのですが、まずはじめに、

ステッカーがクリアーの中に埋もれているのか、よく観察してみてください。

どういう事かというと、ステッカーがクリアーコートされているかどうかをまず確認してほしいんです。

クリアーコートされていて、ステッカーがクリアーの中に埋もれているようでしたら、
まずそのクリアーを削り、ステッカーを剥がせる状態にしなければなりません。

純正だとほぼクリアーコートされていて、クリアーの中に埋もれている場合がほとんどです。

で、もしクリアーコートされていた場合は、♯320番相当の耐水ペーパーで水研ぎし、
ステッカーの上に塗られてあるクリアーを研ぎ落とします。

研ぎ落とせたら、いよいよステッカーを剥がす作業にうつっていきます。

 

次にステッカーを剥がす方法なのですが、3つありまして、

  1. ヒートガンでガンガン熱くして剥がす方法
  2. ドリルにゴム状のステッカーはがし器具をつけて剥がす方法
  3. そのままサンドペーパーで削り落とす方法

があります。

1でやってみてダメなら2、2でダメなら3、といった感じで作業を進めていくのが良いでしょう。

この画像は2番で試したものなのですが、結果的にはダメでした。

2の【ステッカーはがし器具】とは、
写真にようなドリルの先端についているゴム状の物が回転してステッカーを剥がしてくれるものです。

ちなみに、1でダメ、2でダメだったので3で剥がしました。

剥離剤は処理が非常に大変なので、使わないことをオススメします。
(ヘタに処理すると後々サビなどの原因となります)

セローのような古い車両は、
ステッカー自体がカピカピになってパリパリになって剥がせないんですよね・・・。
(大変わかりづらい表現で申し訳ありません・笑)

車両が新しいとステッカー自体に粘性というか、はしっこを引っ張れれば一気に剥がせてしまうんですが・・・

結局、サンドペーパーで削り落としてサフェーサーを入れることになりました。

次はラップペイントに塗装するための準備として、黒に一度塗装しました。

ラップペイント記事は楽しみにしていてくださいね!

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル