今回はセロー225のフレームとフロントフォークをブラックの2液型ウレタン塗料で塗装しました。

まず、準備としてサビ落としと足付けを行っていくのですが、
ホームセンターなどに安価で売っている不織布研磨材というものに洗剤を染み込ませ、
油汚れとサビなどがあれば一緒にこすって洗い流します。

不織布研磨材2

↑上の写真のようなものです。

色によって足付けできる粗さが違うのですが、耐水ペーパーの#600番相当のものが良いでしょう。

詳しい塗装記事はこちらに書いてありますので、ご参照お願いします。

【塗装方法】バイクのホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額

足付けとサビ落としが完了しましたら、いよいよ塗装開始です。

こちらフロントフォークの写真なのですが、全くサビが落とせておりませんが気にしないでください(笑)

塗装開始前にこちらのミッチャクロンというプライマーを塗装します。

染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml

新品価格
¥1,020から
(2016/4/30 14:06時点)

これを塗らないと経験上ほぼ100%塗装後にはがれますので、ぜひ塗ることをおすすめします。

あとは色をかけていくだけです。

フロントフォークやフレームなんかは曲面が多く、あまりツヤを出そうと意気込まなくてもよく、
テキトーにぶっかければそこそこに仕上がるので、車両のイメージチェンジにもぜひ挑戦していただきたいですね。

塗装自体は難しいことはありません。

ただ、ここまでにエンジン降ろしたりするほうが大変だと思います。

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル