今回はセロー225のフロントホイールとリアホイールの塗装を行いました。

まずはホイールの現在の様子をチェック。

ボロボロです(泣)

よく見ると、スポークのサビがひどいですね。

塗装をはじめる前に、カネダワシのようなものを使い、まずはこのサビをしっかりと落としてやります。

完全に落としきるのは無理だと思いますが、ある程度落とせたら次の行程へ。

次に、ホームセンタなどに売っている【不織布研磨材】というものを使い、
洗剤を染み込ませて油と汚れを落とし、一緒に足付けを行います。

不織布研磨材1

このような感じですね。

ホイールの塗装手順に関しましては、以前こちらの記事で詳しく書いておりますので、
そちらを見ていただけるのがよろしいかと思います。

【塗装方法】バイクのホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額

で、しっかり水で汚れを洗い流したら、次にマスキングし、スタンバイです。

こんな感じで吊るしあげてやりました(笑)

で、このまま塗装してしまうと、
素材であるホイールのリム部と塗料が密着不良を起こし、すぐにはがれてしまうので、こちらを塗装します。

染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml

新品価格
¥1,020から
(2016/4/30 15:17時点)

ミッチャクロンという、金属の素材と塗料を密着させるスプレーですね。

こちらを塗れば剥がれに関しては大丈夫です。

で、あとはスプレーで塗装していくのですが、スポークの一本一本を塗っていくのは大変だったので・・・

このようにグルングルン回してぶっかけてやりました(笑)

  1. 吊るして
  2. 回して
  3. ぶっ掛ける

なんとも表現がヤバイんですが、うまくイキました(笑)

フロントホイールも同じ作業で塗装しました。

当ブログでは、他にも塗装に関しての記事を書いているので、ぜひそちらもご覧になってみてください。

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル