知人から、

ジャイロキャノピーのエンジンをボアアップしたらエンジンの調子が悪くなった。

と連絡が入ったので観てみることにしました。

今回の車両はTA02の2サイクルエンジンモデルです。

 

現在の状況を言いますと

  • セルをずーーーーーっと回し続けると、かろうじてエンジンはかかり、走行可能。
  • 走行してもアイドリングはせず、フルスロットルで20kmも出ない。
  • パワーを全く感じられず、明らかにエンジン不調。
  • セルをずっと回してもエンジンがかからないときがほとんどで、異常に始動が困難という状況。

という感じで、明らかに異常な状態でした。

 

どうやら彼の仲の良い友人にボアアップをしてもらったらしく、

慣らしは100kmやれ、最初はエンジンがかかりづらいのは当たり前のことなんだよ。30km以上は出すなよ。

と言われていたらしく、この知人はこの状態で慣らしを60kmほど済ませたそう。

さすがに今の状態って異常なんじゃない?ってことで、今回ボクに相談してきたようでした。

 

う~ん・・・素敵な友人を持ちましたな(笑)

購入したボアアップキットはコレのようでした。

ワールドウォーク(World walk) ジャイロキャノピー ジャイロアップ ジャイロX 用 65.3ccボアアップシリンダーキット g-02

新品価格
¥10,584から
(2016/5/28 10:00時点)

ということで、これからボアアップした際にエンジンが掛かりづらくなった原因を探っていくわけですが、
ついでにボアアップの手順とやり方も書いていこうと思うので、ぜひご参考になさってください。

 

とりあえずエンジンが現在どういう状態なのか?チェックしてみることにしました。

まずはシート部分(お知りに部分ですね)を思いっきり右に傾け、
倒れないように当て木などをしてエンジンをさわれるようにします。

まずはキャブレターの点検から入ることにしました。

キャブレターを分解したら、メインジェットやエアスクリュー、ジェットニードルなどを点検。

ちなみに、キャブレターのメカニズムに関しては、こちらの画像で確認してください。

img_0

で、まずはじめに目に付いたのが、メインジェットの番手。

ボアアップされているにも関わらず、純正メインジェットがついていました。

番手は確か#72だったかな?間違っていたらすいません・・・

整備に関する情報は、『みんカラ』という整備ブログサービスを利用すれば、
もっとたくさんの情報が得られるかもしれません。

『みんカラ』のページはこちら。

 

ボアアップした際は必ずメインジェットの番手を上げなければなりませんので、まずはここを交換。

番手を上げるという事は、キャブレターからエンジンに吹き込む燃料の量が多くなるという事です。

理由は、エンジンをボアアップした際、排気量が上がる=より多くの燃料を必要とするからです。

このメインジェットを上げないでアクセル全開でしばらく走行すると、ほぼ100%の確立で焼きつきます。

エンジンをボアアップしたにもかかわらず、メインジェットの番手を上げないという事は、
つまり燃料が薄いということで、この状態で全開走行を続けると、燃焼室温度が上がり過ぎ、
ピストンが変形して、焼き付きや抱き付きの原因となります。

そこで適正のメインジェット、つまり適正の燃料の量にすることで、
ガソリンが燃焼室の温度を下げるという効果があり、
アクセル全開時の焼き付きや抱き付きの原因を排除できます。

 

各種メインジェットの購入はこちらで出来ます。

デイトナ(Daytona) メインジェットセッ KEIHIN全ネジ型大タイプ #75-#100 各1個93863

新品価格
¥1,900から
(2016/5/28 10:38時点)

とりあえずメインジェットの番手を#85にしてみました。

後々ジェットセッティングするとして、まずは#85で、引き続き他の場所も点検。

異常なしだったので、キャブレターを組み、セルを回すも症状を変わらず・・・まぁ当たり前ですが(笑)

続いてプラグを確認し、新品に交換。

が、症状変わらず(当たり前ですが・笑)

となると、もうボアアップしたところしか原因が思いつかない・・・

ふと、シリンダーのベース部分に目をやると、なんと油にじみが!!!

新品ボアアップキットを組み付けたばかりなのに、これは明らかに異常。

原因はここにあったか!とすぐに分解開始。

まずはファンカバーなどを外していきます。

続いてプラグを外し、シリンダーヘッドを外します。

目視点検し、シリンダーヘッドは異常なしと判断。

続いてマフラーなどを外し、シリンダーを外せる状態にしていきます。

で、ついにここで

エンジン不調の原因が判明!!!!

ピストンが逆!!!(汗)

通常、ピストンの頭には矢印が書いてあり、
その矢印方向をエキゾースト側(マフラーのほう)に向けなければならないんですね。

しかし、今回のピストンは矢印がインテーク側に向けられており、ピストンが逆に組まれておりました・・・

というか、この状態でエンジンってかかっちゃうんですね・・・。これは盲点でした。

ということで早速、ピストンクリップをラジオペンチで取り外し、ピストンを取り外します。

ピストンクリップを外す際、クリップがクランクケースに落ちてしまわないように、
ウエスなどをクランクケースに押し込んでやり、クリップを外します。(ケース内に落ちたら回収不可!)

続いてピストンピンを引き抜き、ピストンが取り外せます。

念のため、シリンダーとピストンの状態も異常がないか確認。

目視確認ですが、異常は無さそうです。

 

あとはピストンの頭の矢印方向をエキゾースト側に向けてやり、組み付け。
(ピストンクリップなどは新品に取り替えましょうね)

無事に一発でエンジンはかかり、絶好調となりました♪

今まで長いこと2サイクルエンジンの整備をやってきましたが・・・
ピストンを逆に組んで走行できてしまうという事は始めて知りました(汗)

 

ついでに、TA02のジャイロキャノピーをお乗りになられている方は、
この際メンテナンス部品を、amazonでご購入されてみてはいかがでしょうか。

【12ヶ月保証付】【ジャイロキャノピー】 シートカバー シート皮 ホワイト/ブラック TA02A/TA03 【aiNET製】 35592

新品価格
¥3,240から
(2016/5/28 12:24時点)

キタコ(KITACO) ビッグキャブレターキット PEφ24 NS-1 NSR50/80 110-1081208

新品価格
¥14,203から
(2016/5/28 12:22時点)

ジャイロキャノピー ジャイロUP ジャイロX JYROCANOPY TA02 ノーマルタイプマフラー チャンバー マフラー

新品価格
¥9,800から
(2016/5/28 12:17時点)

ワールドウォーク(World walk) ジャイロキャノピー ジャイロアップ ジャイロX 用 65.3ccボアアップシリンダーキット g-02

新品価格
¥10,584から
(2016/5/28 12:17時点)

ジャイロキャノピー・UP・X用 ポン付け ホイルタイヤセットnew

新品価格
¥21,384から
(2016/5/28 12:18時点)

ホンダ ジャイロX アルミステップボード

新品価格
¥4,083から
(2016/5/28 12:18時点)

クール で かっこいい バイク 用 LED 燃料計

新品価格
¥1,980から
(2016/5/28 12:18時点)

キタコ(KITACO) ハイスピードプーリーKIT タイプX ライブDIOーSR/ZX等 488-1000010

新品価格
¥3,513から
(2016/5/28 12:19時点)

デイトナ(DAYTONA) 強化Vベルト ライブDIO-ZX(’94~’02)、ジャイロキャノピー〈TC50P/V※TA02-110、TA02-130のみ適合〉 31589

新品価格
¥2,488から
(2016/5/28 12:19時点)

人気の塗装記事
ラップペイントのやり方
チタン風カスタムペイントのやり方
マジョーラ塗装のやり方
ホイールの塗り方とウレタンクリアー塗料の金額
ヘルメットをキャンディーレッドで自家塗装するやり方
ウインカーレンズをスモーク仕様にする方法
塗装カテゴリー(インナーカウルなど含む)
整備に関する記事
シートの張り替え方(タックロールシート含む)
ブログ管理人
プロフィール
YouTubeチャンネル